2022/3/19&20 Painting Workshop EROS / Sky of being – with Sidd



日時:

3/19(土) 10:30-18:30 3/20(日) 10:00-18:00

参加費:

*1日 :19,500円(通訳費 税込み) *2日間:38,000円(通訳費 税込み) 材料費:1日/2,000円

場所:

三鷹芸術文化センター B1 創作室 https://mitaka-sportsandculture.or.jp/geibun/access/


 

エロスとは何でしょう?

西洋のビジョンは、古代ギリシャから大きく発展してきました。

ギリシャの伝説や神話は、アーキタイプの原理を含む現代の思考や心理学の多くの背後にあります。

しかし、ユニバーサル(普遍的)な法則と意識は、どんな文化よりも広いものです。

存在を支える大きなな原理はさまざまな名が付けられているとはいえ、それは実存的でユニバーサル(普遍的)なものなのです。

ギリシャ語の「エロス」は、そのエネルギーの質を表す造語のひとつです。その意味は、エロティックなものから超越的なもの、シヴァとシャクティ、実存的な愛の輪のスペクトルを包含しています。

この輪を回すものは何でしょうか?

創造性です。

私たちのワークショップでは、エロスの空間を作り、絵画体験の豊かさを通して、私たちの存在の感受性と官能性を探ります。

シド マリークラーク

What is Eros?

Western vision has evolved to a great extent from ancient Greece.

Their legends and myths lie behind much of modern thinking and psychology including the principles of archetype.

Yet Universal laws and consciousness are wider than any culture. The great principles that pulse existence have been given different names but they are existential, universal.

Eros, a Greek word, is one name that has been coined to describes that energetic quality. Its meaning embraces the spectrum of the erotic to the transcendental, the shiva and shakti, the existential circle of Love.

What turns this circle?

Creativity.

In our workshop we will create the space of EROS, exploring the sensitivity and the sensuality of our being through the richness of the painting experience.

Sidd Murray-Clark


・詳細&お申込はこちらからどうぞ

f